プロペシアの飲み方は毎日1錠

公開日
2019年3月20日
更新日

プロペシアの飲み方は1日1錠

プロペシアの飲み方は、1日1錠飲むことです。

プロペシアは一般名がフィナステリドと呼ばれていて、毎日1錠の内服による男性型脱毛症用薬です。

男性型脱毛症の主な原因物質としてジヒドロテストロンがあげられます。脱毛箇所の頭皮において通常よりも多いジヒドロテストロンが確認されているのです。このジヒドロテストロンが毛乳頭細胞に存在している男性ホルモン受容体と組み合わさると、成長期における髪の毛に対し退行期や休止期などに移行する信号が送られるようになるのです。
結果的にヘアサイクルが短くなってしまい、細い髪が増えたり髪が成長する前になると抜けてしまうことになるでしょう。

プロペシアは、男性脱毛症を改善することができ、幅広い世代の人が利用しています。ジヒドロテストロンの体への役割は、胎児期や思春期以降で異なるのです。胎児期の場合は、胎児の生器の正常化のために重要な役割があります。

思春期以降の場合は、脱毛症や前立腺肥大・ニキビといった男性を悩ませる症状をいくつか引き起こします。プロペシアの適切な用量を同じ時間に毎日1錠投与し続けていると、3か月から6か月で効果を確認することが可能です。

服用するタイミングは決まっていません。体内での血中濃度は、24時間になるので、24時間が過ぎると症状が進行することになるので、注意が必要です。服用量が決まっているので、時間帯を決め1日1回の服用がおすすめです。

プロペシアは24時間以上間隔をあけないで服用する

プロペシアは、24時間以上間隔をあけないようにして服用しましょう。

プロペシアを服用する場合、成分が体内に存在しない時間を作らない方が良いです。飲む時間を設定しておくと良いでしょう。飲みやすい時間を自分で作るようにして、24時間以上間隔をあけないことをおすすめします。

プロペシアは、服用するタイミングが決まっていません。1日1回服用することが大切です。飲み忘れたからといって、まとめて服用するのはやめましょう。服用量が決まっていまるので、注意しましょう。

朝起きて、すぐに服用したり朝食の後などに習慣づけしやすいです。

朝食を食べると血液循環を促進することができるので、頭皮環境にも良い影響を与えることが可能です。朝の服用が難しいなら、お昼休みに服用するのもおすすめです。お昼休みに服用するとルー化すると飲み忘れを予防することができます。

内蔵の活動が活発になっている時間になるので、効果を発揮することができるでしょう。夕方から夜に服用する人もいますが、この場合アルコールに注意が必要です。

アルコールと併用すると、肝臓への負担は、大きくなり、何かしらの副作用も起こるかもしれません。プロペシアを服用する場合、アルコールを摂取したら時間をおいてから、利用しましょう。

プロペシアはAGAの予防薬として飲むべきではない

プロペシアは、予防で服用すべきではありません。
男性脱毛症の予防として、早めに服用しておきたいと思ってしまいがちです。しかし、プロペシアは、男性脱毛症(AGA)を発症させてから服用すべき治療薬です。

そのため、プロペシアは、男性脱毛症の予防として、服用すべきではありません。プロペシアは、男性脱毛症に高い効果を発揮します。男性脱毛症になっていない状況で飲んでも、効果を発揮しないのです。

むしろ、服用することで、副作用が生じる可能性があります。プロペシアを服用すると、性欲減退や精液の減少など、さまざまな副作用は生じます。また、不要に肝臓に負担をかけてしまうのです。

プロペシアを飲み始めるタイミングは、症状が気になり始めた頃です。
例えば、髪にハリコシがなくなったり、抜け毛が多くなってきたりしたタイミングで服用を開始すると良いでしょう。また、もし自身が男性脱毛症かどうか判断できない場合は、病院で診察を受けてみると良いでしょう。

プロペシアは、自覚症状が何も出てこないうちから飲んでも、意味がありません。